二重窓キットで二重窓を作りました。

今の住居に引っ越した後、北側にある寝室は窓からの冷気対策として二重窓にしました。

今日の記事はその時のものなのですが、夏場でも二重窓は効果を発します。

外からの熱を室内に通しにくくし、冷房の冷たい空気を外に逃しにくくなるので、二重窓にすると夏も冬も光熱費の節約になります。

窓からの冷気を防げば、暖房効率は大幅にアップ!

(一社)日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及センターホームページ「省エネ建材で、快適な家、健康的な家」より

冬の室内、窓のそばは暖房を入れても寒いですよね。

 

現在の窓は気密性の高いサッシが大半を占めていますが、壁ほどの厚みはなく、断熱材も入っていません。
そのため、窓で冷やされた空気は下に流れ、床へと広がる「コールドドラフト」という現象が起こります。窓面いっぱいの幅から下降するコールドドラフトによって、天井付近は暑いのに足もとが寒いという温度差が生まれ、冬場には5度以上になることも。冷気に加え、こうした温度差も不快な空間がつくられる一因になっているのです。

 

冬場は58%もの熱が窓から出入りしていると言われています。

YKKより(http://www.ykkap.co.jp/madohint/winter/01/)

 

窓からの冷気を防ぐ方法として、断熱カーテンや窓に貼る商品があるわけですが、一番効果的なのは、二重窓にすること。

二重窓で空気の層を作ることにより、外からの冷たい空気を遮り、室内の熱をのがしません。

 

本格的なリフォームで二重窓にするとお金がかかりますが、ポリカーボネートを使った簡易二重窓なら安く二重窓にすることができます。

 

ポリカーボネートとは、車庫の屋根などに使われる波型のプラスチック板。

中空構造になっているので、断熱性・保温性に優れています。

丈夫で紫外線カット効果があり、一枚2000円ほどで手に入ります。

 

簡易二重窓は、一からすべて材料を揃えて作る方法と、キットを使って簡単に作る方法があり、私たちはキットを使いました。

キットで作る二重窓の動画があったのでご紹介します。

二重窓キットを使って簡単に二重窓のDIY

二重窓キットは、一番大きいもので高さ183センチ・幅183センチの窓に対応しています。

キットははアクリルサンデーとヒカリから出ており、我が家ではレビューも多く値段も安いヒカリのものを選びました。

説明書も入っているので、窓枠の大きささえしっかり測れれば簡単にできますが、

一番大変な作業が、ポリカーボネートを窓のサイズにカットすること。

カッターを使うのですが、ポリカは硬いので力が要るんだそうです。

木材だとホームセンターでカットしてくれるので、ポリカーボネートもカットしてくれるかと思ったのですが、5箇所ほど電話で問い合わせたところ、すべてカットはできないという返事でした。

ハンズマン、ナフコ、グッデイ、カインズは、ポリカーボネートのカットはしないそうです。

カットするときに、ポリカが欠けてしまう恐れがあるのでできないという返事でした。

フレームを窓枠の大きさにカットして、ポリカにはめていきます。

窓枠に、レールを両面テープで貼り付けます。

窓枠に、レール分の幅が必要なので、キットを買うときにはレールを貼るだけの余裕があるか確認しておきます。

既存窓の鍵部分(クレセント錠など)の可動域の最も出っ張った部分から、窓の額縁の端が32mm以上必要です。

↑窓にレールを取り付けたところ。

↓二重窓を取り付けたところ。

全体で見ると・・・↓↓

もとのガラスがすりガラスだったので、二重窓にしたほうがかえって見栄えが良いです。

左が二重窓あり、右側がつけてない状態です。↓↓

 

 

二重窓をつけてみて

imgp4361

二重窓を取り付ける前は、窓のそばに手を当てると冷たい空気が出ているのを感じましたが、二重窓を取り付けるとほとんど冷たい空気は感じません。

プラスチックの簡易窓なので、わずかに隙間があり、そこから少しは冷たい空気が出ていると思いますが、それでも断熱効果はかなりあることがわかります。

 

以前の住居では、寝室には断熱効果のある厚い生地のカーテンとレースを使っていましたが、二重窓があれば冷たい空気が入らないので、レースもなくし、カーテンも薄地のものにしました。

 

リビングの窓は大きいので、たわまないように補強をする必要があり、ハードルが少し高いのですが、寝室に取り付けてみて意外に簡単だったこと、効果がはっきり感じられることから、夏までにそちらも作れたら良いなーと思っています。

台所や浴室などの小さな窓からの冷気が気になる方、キットだったら簡単にできるのでおすすめです。